本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしか

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けることも考えるべきです。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、サボらず毎日のケアを行ってください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

こちらから